ここから本文です

ファーガソン氏、ポグバやドンナルンマの代理人ライオラを批判「世の中にはゴミのような代理人がいる」

7/4(火) 6:57配信

GOAL

元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のサー・アレックス・ファーガソン氏が、有名選手を複数抱えているミーノ・ライオラ代理人を痛烈に批判した。

ユナイテッドMFポール・ポグバやミランGKジャンルイジ・ドンナルンマの代理人を務めるライオラ氏。今夏はドンナルンマがミランとの契約延長を行わず、移籍に傾いているのではないかと話題をさらっているところだ。

2012年には、ポグバがユナイテッドからユヴェントスに移籍した。ユナイテッドは昨年夏、ポグバを復帰させるために1億500万ユーロ(当時のレートで約119億円)の移籍金を支払う羽目になった。

ファーガソン氏はポグバの退団を次のように振り返っている。

「簡単だよ。代理人が悪かった。ゴミのような代理人が付いていた」

「ポグバは(ユナイテッドで)評価されていた。良い選手だったし、偉大な選手になると我々は確信していたよ。彼には良い条件の契約を提示していた」

ポグバの移籍決断については、ライオラ代理人の影響が強かったようだ。

「私が好まない種類の代理人がいる。ライオラはその一人だ。我々はポグバとの契約延長を望んでいた。だがライオラが現れ、すべて台無しになったんだ」

「最初のミーティングから良くなかったね。我々は水と油の関係だった。その先は知っての通りだ。ライオラがポグバの家族をそそのかし、ユヴェントスと契約させたのさ」

GOAL

最終更新:7/4(火) 20:09
GOAL