ここから本文です

北朝鮮の弾道ミサイル 約930キロ飛行=日本EEZ内に落下か

7/4(火) 11:54配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の合同参謀本部は4日、北朝鮮が同日午前9時40分ごろ、西部の平安北道・バンヒョン付近から東海に向け何らかの弾道ミサイル1発を発射したと発表した。ミサイル発射は文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領に直ちに報告された。

 合同参謀本部は「飛行距離は約930キロで、追加情報は韓米が詳しく分析している」と明らかにした。韓国軍と米軍は弾道ミサイル発射が成功したと見なしているようだ。

 合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長は国防部の定例会見で、ミサイルの高度や飛行距離などを分析中だとしながら、「わが軍は北の追加挑発の可能性に備え、万全の態勢を維持している」と強調した。

 日本政府はミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水したとみられると発表した。

 ミサイルの飛行距離は準中距離弾道ミサイル(MRBM)級だが、飛行軌跡によっては中距離級以上の可能性もある。

 北朝鮮によるミサイル発射は、先月8日に東部の江原道・元山付近から地対艦巡航ミサイル数発を発射して以来ほぼ1か月ぶり。弾道ミサイルの発射は今回で今年10回目となる。

 文大統領とトランプ米大統領が1日未明(日本時間)に初の首脳会談を終えてから3日というタイミングだ。北朝鮮に対する韓米の緊密な連携に反発し、弾道ミサイル発射に踏み切ったとの分析が出ている。

 また、文大統領は7、8の両日にドイツ・ハンブルクで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席する予定だ。これを機に韓米日3カ国の首脳会談が予定されているほか、韓中首脳も会談するとみられる。北朝鮮がこうした国際社会の対北朝鮮連携を念頭に武力を誇示したとも考えられる。

 一方、文大統領は先月15日、南北首脳会談17周年記念式典の演説で、「北が核とミサイルの追加挑発を中断すれば、北と条件なく対話に臨めることができる」と表明した。北朝鮮はこの呼びかけに結局挑発で応じたといえる。韓国政府の北朝鮮政策が試されることになるとの指摘もある。

最終更新:7/4(火) 12:14
聯合ニュース