ここから本文です

au WALLET プリペイドカードがApple Payに対応

7/4(火) 11:43配信

ITmedia Mobile

 KDDIは7月4日、「au WALLET プリペイドカード」が「Apple Pay」に対応したことを発表した。

【Apple Payへの登録方法】

 au WALLET プリペイドカードは、事前にチャージした金額で支払いができる、プリペイド型の電子マネーサービス。利用者にはクレジットカードと同じ形状の「au WALLET カード」が発行され、全国のMasterCard加盟店で買い物ができる。

 Apple Payは、iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series 2で利用できる決済サービス。Suicaの利用に加え、登録したクレジットカードの支払いを「QUICPay」か「iD」経由で行える。au WALLET プリペイドカードでの支払いには「QUICPay+」対応店舗にてQUICPayを利用する。

 これまで、au WALLET プリペイドカードでの支払いには店頭でau WALLET カードを提示しなければならなかったが、Apple Payに対応したことで、iPhoneやApple Watchをかざして支払えるようになる。なお、au WALLET クレジットカードは、2016年9月にApple Payに対応済み。

 Apple Payに登録するには、iPhoneの「Wallet」アプリからau WALLET プリペイドカードを読み取り、au携帯のSMSやメール経由で認証を行えばよい。iPhone 7/7 PlusはTouch IDに指を乗せたままリーダーに近づける、Apple Watch Series 2はサイドキーを2回押してリーダーに近づけることで決済できる。

 iPhone 6以降、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降のモデルなら、オンラインショッピングでの支払いにもApple Payを利用できる。

 Apple Pay対応を記念して、Apple Payに設定したau WALLET プリペイドカードやau WALLET クレジットカードで支払うと、ポイントが5倍になるキャンペーンを実施する。たまるポイントの上限は3000ポイント。

 さらに、専用サイトでのエントリーとSuicaアプリで会員登録を行い、Apple PayにSuicaを追加した上で、Apple Payに設定したau WALLET プリペイドカードかau WALLET クレジットカードで支払うと、ポイントが合計10倍たまる。

最終更新:7/4(火) 11:43
ITmedia Mobile