ここから本文です

「CNBLUE」ミンヒョク&イ・ソウォン、ドラマ「病院船」に合流

7/4(火) 13:49配信

WoW!Korea

「病院船」の温かい内科医クァク・ヒョン役で「CNBLUE」のメンバーで俳優のカン・ミンヒョク、そして孤独な漢方医キム・ジェゴル役で俳優イ・ソウォンが出演を確定した。実力派外科医を演じるハ・ジウォンと共に病院船に乗ることになった。

カン・ミンヒョク(CNBLUE)のプロフィールと写真

 来る8月に放送予定のMBC新水木ドラマ「病院船」は異なる事情を持った医師たちが医療インフラが不足した島で医療活動を広げる。それぞれ異なる事情を抱えた医師たちが島の村の人々と人間的に疎通しながら、心を処方する真の医師へと成長していくヒューマンアイランドメディカルドラマだ。

 まず、ドラマ「棚ぼたのあなた」や「相続者たち」、「タンタラ」などを通じてしっかりとしたフィルモグラフィを積み、主演俳優へと成長したカン・ミンヒョクが演じるクァク・ヒョンは、温かい魂を持つ内科医。無医村の島診療をしていたシュヴァイツァーのような医師である父親の影響で良い医師になるのことが夢で、自然と医師になった。その父親にその息子として病院船で勤務するのが当然のように思えるが、その胸の内には言葉にできないトラウマがある。血も涙もない外科医ソン・ウンジェ(ハ・ジウォン扮)とは異なり、涙もよく流し感情が豊かで共感能力が優れている。

 ドラマ「むやみに切なく」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」そして音楽番組「ミュージックバンク」などで優れた進行と男性的なボイスを持つ俳優イ・ソォンが演じるキム・ジェゴルは、道行く女性たちを振り向かせるルックスと由緒ある医師の家庭に生まれた背景を待っているにもかかわらず、寂しさが身についている漢方医だ。幼いころから家族の愛はより優れた兄に奪われ、父親との摩擦がひどかった。漢方医学を選んだのも科学に基づく西洋医学についてプライドを持つ父親に反発するためだ。そうして病院船に乗り父親から逃げたが、漢方医学は非科学的だと主張する強い女ソン・ウンジェと対抗することになる。

 ドラマ「弁護士の資格~改過遷善」「もう一度始めよう」のパク・ジェボムプロデューサーが演出を、「ファン・ジニ」「大王世宗」「秘密の扉」のユン・ソンジュ作家が執筆する。「太陽を抱く月」「キルミー・ヒールミー」「ドクターズ~恋する気持ち」など数多くのヒット作を披露しているドラマ名家PANエンターテインメントが制作を担当する。「君主-仮面の主人」の後に放送される「死んでこそ生きる男」の後続番組として来る8月に放送される。

最終更新:7/4(火) 13:49
WoW!Korea