ここから本文です

「メルカリファンド」開始 CtoCベンチャーなどに投資

7/4(火) 13:08配信

ITmedia NEWS

 フリマアプリ「メルカリ」を運営するメルカリは7月4日、CtoC(個人間取引)事業を展開するベンチャー企業などに出資する新事業「メルカリファンド」をスタートしたと発表した。

 特定の分野に特化したCtoC事業や、マーケットプレイスの活性化促進事業を展開する企業などに投資。出資先の事業と「メルカリ」「メルカリ アッテ」などのサービス連携も検討する。

 第1弾として、スマートフォンアプリで語学レッスンを受けられるサービス「flamingo」を運営するフラミンゴに出資した。出資金額などは非公開。

 メルカリは以前から、ネットショップ開設サービス「BASE」を運営するBASE、家電・カメラなどのレンタルサービス「Rentio」を運営するレンティオなどに出資してきた。

 メルカリファンドはプロジェクト名であり、子会社設立やファンドの組成を伴うものではないという。

最終更新:7/4(火) 13:08
ITmedia NEWS