ここから本文です

日置神社で「元力士呼び出しちゃったトークショー」 大相撲名古屋場所目前 /愛知

7/4(火) 13:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大相撲名古屋場所初日前日の7月8日、名古屋市中区の「日置神社」(名古屋市中区橘1)で元力士をゲストに迎えたトークイベント「元・力士呼び出しちゃったトークショー」が開催される。主催するのは、以前名古屋でもラジオDJとして活動していたYUMIKAさん。(サカエ経済新聞)

 当日はYUMIKAさんが司会を務め、「相撲がさらに面白くなる見所や相撲界のウラオモテ話、相撲体操や相撲甚句など、さまざまな角度から相撲の魅力を紹介する」という。イベント企画の経緯についてYUMIKAさんは「相撲に関する物事には全て意味があって、知れば知るほど面白い。長く愛されてきた相撲が名古屋の街にやってくるわくわくを、老若男女問わずみんなで共有したいと思い企画した」と話す。

 ゲストには元入間川部屋恵那司こと水野千浩さんを迎える。水野さんは現在柔道整復師、鍼灸マッサージ師と4つの国家資格を取得し名古屋で活躍中だが、相撲界引退時には世間を騒がせたある出来事の渦中にいたという。「共通の知人を通じて初めてお会いした時は、とにかく相撲好きで物腰柔らかな印象。周りからの信頼も厚い方。でも世間では当時の言葉だけの報道で時間が止まっているのかもしれない。水野さんの歩んできた道や人柄に深く触れることで、相撲に限らず新しく見えてくることがあるような気がしている」とYUMIKAさんは水野さんを紹介する。

 「十代の方にもまちの魅力やさまざまな生き方に触れる機会になれば」と、高校生以下の子ども料金も設定。

 開催時間は15時~17時を予定。参加費は、大人=2,000円(トークショーのみ、2ドリンク+大盛りおやつ付き)、子ども(高校生以下)=500円(トークショーのみ、1ドリンク+おやつ付き)、それぞれプラス2,500円で名古屋在住のデザイナー・togari39さんがデザインした折り畳み相撲トートバッグ付きセットも販売している。

 当日、会場となる日置神社では、18時から茅の輪くぐりが執り行われる。半年の厄を払うとされる茅の輪作りは13時から開始されるが、制作にも参加できるという。

みんなの経済新聞ネットワーク