ここから本文です

南果歩「心身ともに疲れて落ち込んで…」主演ドラマ制作発表に登場

7/4(火) 13:13配信

デイリースポーツ

 女優の南果歩(52)が4日、都内で、NHKの主演ドラマ「定年女子」(9日スタート。BSプレミアム。日曜、後10・00)の制作発表に出席した。3月に夫で俳優・渡辺謙(57)の不倫疑惑が報じられてから、初の公の場。女性のセカンドライフをテーマにした作品で、5月から撮影に入っているが、冒頭のあいさつで「ちょっと心身ともに疲れて落ち込んでいた時期に、こういう作品に巡り合えて、神様が引き合わせてくれた素晴らしいご縁。私の人生の大きなエピソードになると思ってます」と夫の不貞騒動をにおわせた。

【写真】渡辺謙と南果歩 夫婦そろってトニー賞授賞式に出席

 南が演じる主人公・麻子は、旦那の浮気が原因で離婚したシングルマザー。家庭では娘を育て上げて、仕事では会社の都合で“役職定年”の転機を迎える役どころだ。

 共感する部分を聞かれると、「若いころであれば、落ち込んで立ち直るのに時間かかったり、心の傷を持ったりしますが、やっぱり50代はたくましい。自分の人生だと捉えられるようになっています」とシミジミ。「いろんなことを振り返ったとき、私の人生の大切な1ページだったと、笑顔で語れるようにしようという腹のくくり方が、50代には出てきます」と自分に言い聞かせるように、熱弁していた。