ここから本文です

【ウィンブルドン】死亡事故後の初戦突破のビーナス「どんな言葉でも言い表せない」と涙

7/4(火) 7:34配信

スポーツ報知

◆テニス4大大会第3戦 ウィンブルドン選手権第1日(3日・英ロンドン) ▽女子シングルス1回戦ビーナス・ウィリアムズ(米国)2(7―6、6―4)0エリーゼ・メルテンス(ベルギー)

 女子シングルス第10シードのビーナス・ウィリアムズ(37)=米国=が、20度目のウィンブルドンで初戦を突破した。6月に自動車死亡事故を起こしていたことが発覚してから初めての試合とあって、会見では事故関連の質問が集中。「(1日に)フェイスブックにコメントを投稿したが、それ以外に何か言いたいことはないか」と聞かれると「どんな言葉でも言い表せない。何も言えない…」と涙を流して答えるのが精いっぱいに。司会者が一時退出を促し、テニス関連の質問のみするようクギをさす事態になった。

 試合中には、着用していたピンクの下着が、白を基調とする規則に違反しているとして警告を受けた。これについても質問され「記者会見でブラジャーの話をするなんて、気分が良くない」と怒りをあらわにしていた。

最終更新:7/6(木) 7:01
スポーツ報知