ここから本文です

アニプレックス、前期比2.24倍の好業績 「FGO」効果か

7/4(火) 15:20配信

ITmedia ビジネスオンライン

 アニメーションの企画製作を行うアニプレックスが7月4日の官報に掲載した決算公告によると、2017年3月期(16年4月~17年3月)の売上高は1032億4100万円、営業利益は244億7000万円、純利益は165億6200万円(前期比2.24倍)だった。15年にスタートしたスマートフォン向けゲームアプリ「Fate/Grand Order(FGO)」が引き続き好調だったことも好業績を後押ししたとみられる。

【アニプレックスの絶好調な業績】

 アニプレックスはソニー・ミュージックエンタテインメントの子会社で、1995年設立。ソニーミュージックグループのアニメ事業を担い、「物語」シリーズ、「Fate」シリーズ、「ソードアート・オンライン」「夏目友人帳」「銀魂」など、さまざまな人気アニメを企画・制作・販売している。

 親会社のソニーが4月に発表した17年3月期の連結決算では、映像メディア・プラットフォームが「FGO」の増収により好調だったと説明。アニプレックスにも同様の寄与があったと考えられる。

 「FGO」は900万ダウンロード突破の大ヒットゲーム。テレビアニメなどメディアミックス展開も行っており、中国や北米でもサービスを開始した。