ここから本文です

あべのハルカス近鉄本店でサマーバレンタイン 七夕スイーツ展開 /大阪

7/4(火) 18:42配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)で現在、サマーバレンタインにちなんだ七夕スイーツを期間限定で販売している。(あべの経済新聞)

亀屋清永の「星づく夜」

 織り姫とひこ星が年に一度会える七夕(7月7日)にちなみ、1986(昭和61)年に制定されたサマーバレンタインデー。恋人や親しい人に菓子など贈ることを提案している。同店のタワー館地下1階洋菓子売り場とウイング館地下2階諸国銘菓売り場では、星や天の川などをイメージした限定スイーツを用意した。

 主な商品は、ポワールアントレの七夕のササをムースでできたパンダがくわえたような「謝謝」(605円)、亀屋清永の夜空をイメージした「星づく夜(小)」(810円)、ケーニヒスクローネの天の川をイメージした「サマーバレンタインパフェ」(540円)、フォルマの天の川をイメージして仕上げたカシスのレアチーズケーキ「ミルキーウェイ(天の川)」(1,728円)など。

 営業時間は、地下2階~3.5階=10時~20時30分、4階~11階=10時~20時。七夕スイーツは7月7日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク