ここから本文です

豪小売売上高、5月は前月比+0.6%、予想上回る

7/4(火) 14:44配信

ロイター

[シドニー 4日 ロイター] - オーストラリア連邦統計局が発表した5月の小売売上高は、前月比0.6%増加し、予想(0.2%増)を上回った。4月は1.0%増を記録。4─5月は2013年末以来最も好調な2カ月となった。

コモンウェルス銀行(CBA)<CBA.AX>の首席エコノミスト、マイケル・ブリス氏は、2カ月連続で堅調な数字となったことで、消費者は第2・四半期の経済成長をしっかりと押し上げている、と説明。ただ、ファンダメンタルズは依然弱く、失業や昇給がないかもしれないとの不安があり、景気が転換期に達していると判断するのは難しいとの見方を示した。

一方、可処分所得に対する負債が190%と過去最高水準にあるなか、中銀は中立的な政策スタンスを維持すると、エコノミストは予想している。

雇用市場には回復の兆しがある程度みられるものの、賃金の伸びのペースは過去最低となっている。

5月の小売売上高の内訳は、家庭用品が2.2%、靴・装飾品が1.3%、外食関連は0.6%、それぞれ増加した。オンライン販売指数は1.3%上昇。前月はマイナスを記録していた。

最終更新:7/17(月) 22:03
ロイター