ここから本文です

ドル112円後半に下落、北朝鮮「重大発表」報道でリスク回避ムード

7/4(火) 15:42配信

ロイター

[東京 4日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の112円後半だった。午後はしばらく113円前半で推移していたが、北朝鮮が重大発表するとの報道でリスク回避的な円買いが強まった。

韓国の聯合ニュースによると、北朝鮮が午後3時半に重大発表を行う。同ニュースが伝わり、リスク回避ムードが強まった。きょう午前には、北朝鮮による弾道ミサイル発射が観測された。

午後1時半頃、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が政策金利を据え置くと発表した。市場の予想通りだったが、声明から先々の政策変更のニュアンスが感じられなかったことから豪ドル売りが強まった。

市場では「英国やカナダなどの中銀がタカ派化していたので、RBAも、という期待が少し出ていた。じわりと高まった年内利上げ観測が剥落したのだろう」(外為アナリスト)との声が出ていた。

<北朝鮮のミサイル発射報道>

ドルは午前6時頃に高値113.46円を付けた後、仲値公示にかけてじり安で推移していたが、北朝鮮によるミサイル発射の報道で下押しが強まり、一時113.12円まで下落した。その後、まもなく切り返して小幅に反発して正午を迎えた。

日本政府によると、ミサイルは午前9時39分ごろ発射。ミサイルは2500キロを大幅に超える高度に達し、約40分間飛んで日本の排他的経済水域(EEZ)に落下したとみられる。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 112.94/96 1.1347/51 128.16/20

午前9時現在 113.38/40 1.1370/74 128.92/96

NY午後5時 113.37/40 1.1360/68 128.82/86

(為替マーケットチーム)

最終更新:7/24(月) 4:08
ロイター