ここから本文です

大崎広小路に「Vino チーズ肉バル」 日替わりの生パスタランチを提供 /東京

7/4(火) 19:51配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 大崎広小路駅近くに6月19日、イタリアン「Vino(ヴィーノ) チーズ肉バル」(品川区西五反田8、TEL 03-6417-4292)がオープンした。(品川経済新聞)

「Vino チーズ肉バル」の内装

 イタリア料理店で約14年間修業したスシル・ハリさんが店主を務める同店。店舗面積は22坪、席数は54席。

ハリさんは「五反田にイタリア料理店は数あるが、生パスタを提供する店は少ない。店名にチーズと肉を入れたのは、私の好物だから」とほほ笑む。

 ランチメニューは、サラダとお代わり自由のパンを付けた「日替わりパスタ」(700円)、「カルボナーラ」(950円)、「マルゲリータピザ」(950円)などを用意する。以上、大盛り無料。

 ディナーメニューは、「オリーブ盛り合わせ」(400円)、「ローストビーフ」(1,200円)、「ローズマリーチキン」「モッツアレラチーズパスタ」(以上1,000円)などを用意する。

 ドリンクメニューは、「生ビール」や「ジントニック」(以上480円)、「グラスワイン」(500円)など。イタリアやスペインなど各国のワインを取りそろえる。客単価は昼=700円、夜=3,000円。

 「開店して間もないが、早くもリピーターが増えてきている。夜は肉とチーズを中心にしたコース料理もあるので、仕事終わりに立ち寄っていただけたら」とハリさん。「パスタに自信があるので、ぜひ当店自慢の生パスタも食べてもらいたい。経営が軌道に乗ったら2号店の出店も考えている」とも。

みんなの経済新聞ネットワーク