ここから本文です

中川翔子 東京五輪開会式はVRでアトム、悟空とプラン公表

7/4(火) 19:03配信

デイリースポーツ

 2020年東京五輪のマスコット審査会委員を務めるタレント・中川翔子(32)が4日、都内で同五輪・パラリンピック大会組織委員会によるインタビューに応じた。中川は理想とする東京五輪の開会式・閉会式について、日本独特のアニメ、マンガ、ゲームなどエンターテインメントの要素を最大限に取り入れた具体的なプランを明かした。

 中川はまず「地球が1つになれる瞬間。若者も一丸となって盛り上がっていけるものになれば」と開会式・閉会式についての基本コンセプトを語り、「開会式、閉会式は、その国が生きてきた証である文化、今の姿、未来の気持ちや独自の力をアピールできる場」と日本の伝統芸能やアニメやゲームなど世界に誇れるエンタメ文化のアピールを提唱した。

 開会式は「伝統芸能の街・上野、若者の街・渋谷&原宿、サブカルチャーの街・秋葉原・中野から選手が(新国立競技場に)入場して、競技場にはVR(バーチャルリアリティー)で空に(鉄腕)アトムやドラゴンボールの悟空が飛んで、他のマンガのキャラクターも、会社の垣根を越えて登場する。“見ていたら何かが起こる”という空間を作り、世界中に面白さを伝えたい」など、自身の得意とする分野をもとに熱弁をふるった。