ここから本文です

「大好きですよ。今も昔も」 最上もが、でんぱ組不仲説に自ら言及

7/4(火) 21:08配信

ねとらぼ

 アイドルグループ「でんぱ組.inc」の最上もがさんが7月4日、一部でうわさされていたメンバーの不仲説についてTwitterで言及しました。

【そんじょそこらのよーわからんやつに悪口とか批判されるのが一番腹立つ】

 6月23日にTwitterを休止して以来の投稿で「ファンの方やアンチやその他のよくわからん人に不仲とか言われるけど」と、たびたび浮上するメンバーの不仲説について言及した最上さん。「少なくともぼくはあなたたちよりメンバーのことよーく知ってるし大好きですよ。今も昔も」と安易なうわさに苦言を呈しながら否定しました。

 メンバー同士の関係については、「何か衝突があったらお互い謝って解決したり、直さなきゃと思って必死になりました」と活動する中で衝突はあったとしつつも、「はじめから仲良い人達っているのですか?」「みんなは誰とも喧嘩しないの? わかり合おうともしないのですか?」と“衝突=不仲”と捉える一部の風潮への不満をにじませ、「メンバーのこと、そんじょそこらのよーわからんやつに悪口とか批判されるのが一番腹立つよ」とストレートな怒りも表現しています。

 また、これまでのグループのあり方について、「人間はみんな完璧じゃないから、欠けてる部分を補いながら生きていくものだと思っている。でんぱ組はまさにそうだったと思う。良いところも悪いところも、全て」と自身の考えをつづった最上さん。最後は、「外野があれこれ批判するくらいならあなたたちも一生懸命に生きてみたら変わると思います」と、あらためて不仲説や批判の声に強く意見しました。

 一連の投稿には、「もがちゃんが直接言ってくれてスカッとしました」「ちゃんと見てる人は分かってくれてるはず!」「人間だから喧嘩したりするだろうけどそれを不仲の一言で片づけるのは違う」など最上さんの意見を後押しするコメントが多数寄せられ、「周りのでんぱ組解散するんじゃないかって空気に流されて不安になってた。もがちゃんのこういう言葉を聞けて本当によかった」「最上さんの気持ちが分かって良かったです」など不安を抱えていたファンも胸をなで下ろした様子でした。

最終更新:7/4(火) 21:08
ねとらぼ