ここから本文です

「+675」から始まる不審な国際電話着信にご注意を 携帯各社が注意喚起

7/4(火) 21:55配信

ねとらぼ

 ドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯各社が、「+675」から始まる不審な国際電話の着信に関する注意喚起を行っています。

【画像】不審な着信の例

 同番号はパプアニューギニアからの着信を示すもので、折り返し電話をかけてしまうと通常よりも高額な通話料が発生。こうした被害が確認されていると、各社が注意を呼びかけています。パプアニューギニアへの発信は30秒あたりドコモが63~68円、auが65円、ソフトバンクが249円。

 こうした電話が発信されている理由は不明ですが、かけ直すとアダルト関連サービスにつながり高額な利用料が請求されるケースや、パプアニューギニア現地の悪質業者が通信料を着服する手口である可能性が指摘されています。

最終更新:7/4(火) 21:55
ねとらぼ