ここから本文です

「パイレーツ」ジョニー・デップに会った中川大志に平田広明が「俺の話してた?」

7/4(火) 20:04配信

映画ナタリー

全国にて公開されている「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のイベントが、本日7月4日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた。

【写真】中川大志(他23枚)

シリーズ第5弾にあたる本作では、ジョニー・デップ演じるジャック・スパロウとハビエル・バルデム扮する“海の死神”サラザールとの戦いが描かれる。ジェフリー・ラッシュ、ブレントン・スウェイツ、オーランド・ブルームらも出演し、「コン・ティキ」のヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリが監督を務めた。

イベントには日本語吹替版キャストの中川大志、平田広明のほか、ジャックに憧れているという岡田奈々(AKB48、STU48)とじゅんいちダビッドソンが出席。4D版で本作を鑑賞したという中川は「昨日両親と一緒に観に行きまして、声を出しながら楽しんじゃいました」と明かし、「両親に『いい声だね』と言っていただきました」と笑顔を見せる。

中川が息を吹き込んだのは、スウェイツが演じるヘンリー・ターナー。平田は中川の吹替について「30年くらいやってきた俺の立場を考えてほしいよね……あの完成度はずるいよ」と褒めたたえる。2人が会うのは今日が初めてとのことで、中川が「平田さんのジャック・スパロウを聞けて興奮してます」と述べると、平田は「本物のジョニー・デップにも会ってるくせに。なんか俺の話してた?」と質問。沈黙する中川に、観客たちは大きな笑い声を上げた。

七夕が近付いていることから、イベントでは登壇者たちが自身の願いごとを書いた短冊を披露する場面も。中川は「船酔いしませんように。」と書かれた短冊を観客席に向け、「釣りが趣味なので船に乗ることが多いんですが、いつもつらい思いをしながら魚を釣ってます」とプライベートの一面を明かす。そして最後に中川は「最初から最後まで休む暇がない、アトラクションのような映画になっています。皆さん、ぜひ海の上の冒険をお楽しみください」と作品をアピールした。



(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:7/4(火) 20:04
映画ナタリー