ここから本文です

海老蔵、宙乗り成功の勸玄くんは「昼の部も出たい様子です」

7/4(火) 13:09配信

スポーツ報知

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が4日、自身のブログを更新。3日初日を迎えた東京・歌舞伎座公演「七月大歌舞伎」夜の部の通し狂言「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」で、史上最年少の宙乗りを成功させた長男・勸玄(かんげん)くん(4)が「昼の部も出たい様子です」と意欲的になっていることを明かした。

【写真】勸玄くん、海老蔵と親子宙乗り

 初日の朝は「出たくない」と言っていた勸玄くんだが、舞台では海老蔵とともに見事な宙乗りを成功させた。海老蔵は「今日も1日の無事をいのり カンカンと2人で、歌舞伎座へ向かいます。色々な事がありますが支え合い 助け合い 愛し合い 時を過ごしていけたらと願うばかり」と公演2日目に向けた決意を記し、「私達は予定調和の輪廻の中にいますが 彼は青春には早いが青春ど真ん中、今日の彼のドラマを日々見れる事が父として喜びです。しっかり麻央みてますが、伝えるのも役目」と勸玄くんの成長を目の当たりにして喜びをつづった。

 「楽屋模様」と題した記事では「一丁前に遊んでます。そして伊藤園さんのジュース飲みまくっとる…」と元気いっぱいに走り回る勸玄くんの写真をアップ。そして「カンカンも昼の部も出たい様子です。そのうちね、たのむよ」とつづった。

最終更新:7/4(火) 13:15
スポーツ報知