ここから本文です

「キンボシ」西田が選ぶ、歴代関取の美声四天王は?

7/4(火) 14:42配信

スポーツ報知

 相撲大好き芸人の「キンボシ」西田淳裕(29)が4日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に出演、相撲界の歴代関取で歌がうまい美声四天王を紹介した。

 西田は相撲界美声四天王として、歌手デビューをしている元大関・琴風(現尾車親方)をあげ、1982年に発売された「まわり道」が60万枚を売り上げたことを紹介した。

 さらに元大関・朝潮(現高砂親方)、元小結・隆三杉(現千賀ノ浦親方)の名前をあげ、その中でももっとも美声ではないかと“相撲界一の美声”と話したのが元大関・増位山だった。増位山は77年「そんな女のひとりごと」が130万枚を超えるヒット曲を出すなどミリオンセラーを連発している。相撲協会を定年してからは増位山太志郎として歌手活動を行っている。

 また現役力士で“最強の美声力士”は、前頭三枚目・勢(30)=伊勢ノ海=だと話した。

最終更新:7/4(火) 14:42
スポーツ報知