ここから本文です

中日が快勝、連敗を3で止める ゲレーロが単独トップの22号

7/4(火) 20:53配信

デイリースポーツ

 「中日7-2ヤクルト」(4日、ナゴヤドーム)

 中日が投打にヤクルトを圧倒し、連敗を3で止めた。

 初回、1死一、三塁からゲレーロが二飛。三走の京田がタッチアップする好走塁で先制した。続く二回には、福田、京田の適時打で2点を追加。五回には、ゲレーロのリーグ単独トップの22号ソロ。さらには3連続タイムリーで4点を加え、試合を決めた。

 4年目・鈴木は九回、バレンティンに2ランを許すなどプロ完投を逃したものの、8回1/3を5安打2失点の好投で5勝目(3敗)を挙げた。

 ヤクルトは1軍復帰登板となった山中が五回途中、7失点と試合をつくれなかった。ヤクルトは3連敗。