ここから本文です

巨人・田口がハーラートップタイの7勝目 9試合ぶり先制、4連敗でストップ

7/4(火) 20:58配信

デイリースポーツ

 「広島0-3巨人」(4日、マツダスタジアム)

 巨人が田口の好投で連敗を4で止めた。

 0-0の六回。1死から重信の右前打と二盗で得点機をつくると、坂本勇が左中間に落ちる先制適時打。チーム9試合ぶりとなる先制点を挙げた。さらに2死二塁から村田の放った飛球を左翼・バティスタが見失い、捕ることができず。ラッキーな形で1点を追加(記録は二塁打)した。

 八回にも2死一、二塁から、田口の代打・亀井が中前適時打を放ち、貴重な3点目を挙げた。

 先発の田口は7回4安打無失点で、ハーラートップに並ぶ7勝目(2敗)をマーク。九回を抑えたカミネロが16セーブ目を挙げた。

 広島・野村は6回6安打2失点と粘りの投球も3敗目(4勝)を喫した。打線は初回1死三塁、六回無死一、三塁のチャンスを生かせず、連勝は3でストップした。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/22(土) 5:00