ここから本文です

【ロッテ】内、小学校でマリーンズ算数ドリル贈呈「エネルギーをもらいました」

7/4(火) 14:32配信

スポーツ報知

 ロッテ・内竜也投手(31)は4日、千葉市内の稲丘小学校で「マリーンズ算数ドリル」(平成29年度夏号)の贈呈セレモニーを行った。

 マリーンズ算数ドリルは「NPO法人ちば算数・数学を楽しむ会」の協力のもと、ロッテが作成した自習用教材ドリルで小学校1年から6年まで各学年で6種類、それぞれ4ページにわたって問題が構成されている。千葉市内の全112校、児童約5万人に夏休みの自習用教材として配布される。なお、この試みは2011年から始まり、今回で19回目。内は「小学校に行くのは小学校以来で楽しかったです。子供たちも元気でエネルギーをもらいました。子供たちには、チームを浮上するためにはみなさんの声援が必要なので、ぜひ宿題を終えて野球観戦に来てくださいとお願いしました」と語った。

最終更新:7/4(火) 15:40
スポーツ報知