ここから本文です

【プロキオンS】ベストマッチョ、得意の左回り1400メートルで重賞初制覇あるぞ!

7/5(水) 6:04配信

スポーツ報知

◆第22回プロキオンS・G3(9日・ダート1400メートル、中京競馬場)

 ベストマッチョはダート1400メートルで【4101】の巧者。中京は初めてだが、全9戦が左回りの東京なら、コースに戸惑う可能性は低い。1月の根岸Sでは、勝ったカフジテイクに次ぐ2番人気に支持された。当時は12着だったが、重賞で戦えるだけの素質はある。

 準オープンへの降級戦だった前走の麦秋Sで、貫禄の逃げ切り勝ちを収めた後は、1か月後のこのレースを目標に調整されてきた。「爪に難しいところがある馬だけど、今回は順調にきている」と大村助手。前走以上の状態が期待できる。

 「一線級のタフな競馬になると、もまれ弱いところがある。ただ、今回は差し馬が多い。スピードはあるし、展開が向けば」と大村助手は言う。連対を外した2回は、4コーナーの位置取りが5番手以下だった。逆に言えば4番手以内なら連対を外していない。スムーズに先行できそうな相手関係は追い風になる。

 先週のラジオNIKKEI賞では、同じ手塚厩舎のセダブリランテスが重賞初勝利を収めた。厩舎の勢いにも乗って、こちらも重賞初制覇を目指す。(椎名 竜大)

最終更新:7/5(水) 18:05
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ