ここから本文です

【巨人】7勝目の田口、8回に代打出され「打ちたかったですけど…」

7/4(火) 21:18配信

スポーツ報知

◆広島0―3巨人(4日・マツダスタジアム)

 巨人・田口麗斗投手(21)が4日の広島戦(マツダスタジアム)で7回を92球、4安打無失点で7勝目をマーク。自身の広島戦連敗を3で止める白星は、チームの連敗を4で止め、広島戦の連敗も7で止める貴重な白星となった。

【写真】先制打を放った坂本勇

 初回の1死三塁のピンチを切り抜けると、6回1死一、二塁のピンチでは丸を投直併殺に仕留め、ゼロを並べた。

 「何度もピンチがあったんですけれど、踏ん張ることが出来て、ゼロ点で抑えることが出来て良かったです。ランナーを背負ってからいかに冷静になれるかということを心がけ、とにかく長打警戒で低めを意識して投げました」とヒーローインタビューでは笑顔で答えた。

 8回2死一、二塁で打席が回り、ベンチで準備していたが、代打・亀井が起用され交代。「打ちたかったですけれど、チームの方針と言うことで…。次のピッチャーにつなげることが出来て良かったです。投げる余力? あったと思います」と答えた。

 これでリーグトップタイの7勝目。「野手の方にも、キャッチャーの(小林)誠司さんも引っ張ってくれて、助けてもらっているので何とか自分がお返しできるように、次の試合も後半戦もやっていきたい」とバックに感謝した。

最終更新:7/4(火) 21:45
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 17:00