ここから本文です

中条あやみ、主演映画で完璧美少女演じる「お肌のケアをちゃんと頑張って臨みたい」

7/5(水) 5:00配信

スポーツ報知

 女優の中条あやみ(20)が、映画「3D彼女 リアルガール」(英勉監督、来年公開)で主演することが4日、分かった。

 那波マオ氏の同名コミックが原作の青春ラブストーリーを、15年に公開され、興行収入23億円のヒットを飛ばした「ヒロイン失格」のチームが実写化。まるで3Dフィギュアのような完璧なビジュアルの美少女・色葉(中条)が、佐野勇斗(19)演じるアニメやゲームの2Dの世界に没頭するオタクの男子高生「つっつん」こと筒井と出会い、対極のキャラクターながらもひかれ合っていくアンバランスな恋模様が描かれる。

 中条は「完璧な女の子の役を要求されるのは、ハードルが高いです…」と苦笑いしつつも「お肌のケアをちゃんと頑張って臨みたい」と意欲。アクションやコスプレなど体を張ったシーンも満載という。

 撮影はこのほどクランクイン。天気の都合でシーン順が変更になり、佐野が中条をおんぶして、絶叫しながら30メートルほどの道を全力でダッシュするシーンから始まった。「2人(のシーン)でクランクインできてよかった。おんぶで緊張がほぐれました」と、佐野もホッとした表情。中条は「見た目だけで判断するのではなく、『たくさんの人と出会いたい』と思ってもらえるような作品になってほしい」と呼びかけた。

最終更新:7/5(水) 5:00
スポーツ報知