ここから本文です

清水ミチコ&酒井美紀&ハライチ岩井、“30周年”スピッツ愛を熱弁

7/4(火) 16:11配信

オリコン

 ロックバンド・スピッツの結成30周年を記念したレコードプレーヤーお披露目会が4日、都内で行われ、スピッツにゆかりのある著名人として清水ミチコ、酒井美紀、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が出席した。

【写真】話題の動画について質問されたつば九郎

 清水は、自身のライブで「スピッツ作曲法」というネタを披露しており、実際にスピッツのライブに呼ばれた経験があり、酒井は出演していたフジテレビ系ドラマ『白線流し』の主題歌がスピッツの「空も飛べるはず」だった縁がある。“スピッツ好き”を公言している岩井は特に熱意があふれ、「イントロを1秒聴けば何の曲がわかる」「生まれたときからスピッツのファン」とアピールした。

この日は、スピッツの楽曲をアナログ盤で試聴し、「空も飛べるはず」を聴いた酒井は「懐かしいです。いろんなことを思い出しました」としみじみ。岩井は「テンション上げたいときも落ち込んでいるときも、どっちでも聴けるのがスピッツのいいところ。何にでも合う、白米みたい」と魅力を伝え、清水も「30年続けられるバンドってすごい」と改めて実感していた。

お披露目会には、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター・つば九郎も登場。SNSなどで話題になっているという、スピッツの楽曲「チェリー」に合わせたダンスを披露し、「あたらしい しごとがふえた」と手応えを感じていたが、岩井から「草野(マサムネ)さんはソフトバンクファンだから」と指摘され、本気で落ち込んでいた。

 スピッツの結成30周年を記念した「ION×SPITZ 特製ポータブル レコードプレーヤー」は、12月6日発売。

最終更新:7/5(水) 16:38
オリコン