ここから本文です

『ミス・ユニバース』阿部祐二リポーター娘・桃子さんが日本代表に 3冠達成グランプリ

7/4(火) 21:58配信

オリコン

 知花くらら、森理世ら人気モデルを多数輩出している美の祭典『2017 ミス・ユニバース・ジャパン』の最終選考会が4日、都内で行われ、千葉代表の大学生・阿部桃子さん(22)がグランプリに輝いた。日本テレビ系『スッキリ!!』でリポーターを務める阿部祐二氏(58)を父に持つ。

【全身ショット】抜群のプロポーションを見せる阿部桃子さん

 そのほか2つの特別賞も受賞し、文句なしの3冠で日本代表となった桃子さん。グランプリの瞬間、名前を呼ばれると感激の表情を浮かべ、ティアラや記念品を受け取り「今まで支えてくれた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです」と感無量のスピーチ。

 今後開催される『第66回ミス・ユニバース世界大会』に日本代表として出場することも決定した。涙まじりに喜びを語ったが、表情を引き締めると「ここは私のスタートラインですが、ファイナリスト一人ひとりが強い気持ちを持っています。その気持ちを背負って世界大会まで一分一秒無駄にせず努力していきます」と言葉に力を込めた。

 終了後の囲み取材でも「スッキリしました!」と父親が出演する番組名を拝借して喜びを表現。芸能活動について「今は考えていない」と話しつつ「将来はリポーターも?」と期待を掛けられると「どうですかね~。考えます」とほほ笑んでいた。

 この日の最終選考には、全国47都道府県で行われた地方大会を勝ち抜いたファイナリスト47名が集結。女性の基準となるようなオピニオンリーダーの創造を目指していることから、外見の美しさだけでなく、知性・感性・人間性・内面・自信の5つが審査された。

 “美のワールドカップ”といわれるミス・ユニバースは1952年に発足、日本代表は当初より参加。1959年に児島明子、2007年に森が世界一に輝いている。

最終更新:7/5(水) 10:37
オリコン