ここから本文です

仲人は不倫相手! 出会って1日で結婚を約束、ハワイ挙式に不倫男が…

7/4(火) 7:10配信

AbemaTIMES

 米国をはじめ、海外ではリアリティTV「チーターズ~浮気調査団~」などの浮気調査番組が人気を集めています。ハワイの海を背景に微笑むK子もそんな番組に登場しそうな女性の1人。

 女性なら一度は憧れるハワイ挙式。Facebookにアップされた友人の結婚式の写真には「最愛の人とこの日を迎えることができて幸せです――」というコメントが添えられていました。新郎にお姫様だっこをされて幸せそうにほほ笑む新婦、K子の姿は、うっとりしてしまうほど綺麗でした。

 「26歳までには結婚、33歳までには3人子どもがほしい」そう公言していたK子は、その言葉通り26歳で出会った男性と1日で結婚を約束し、その半年後に入籍しました。誰もが驚くスピード婚。

 しかし、スピード婚の事実よりもっとすごいのは、夫となったその人は不倫相手に紹介された人だったということです。

ナチュラル美人だけど本命女にはならないK子

 ナチュラル美人で男まさりの性格のK子に、初めての彼氏ができたのは中学1年生のとき。告白をされるたびに男を乗り換え、初体験は中学2年生とのきに高校生だった先輩と済ませるというかなり早熟な女の子でした。黒髪ワンレングスのK子は同世代から見ると大人っぽく、若い頃から愛人の雰囲気を漂わせていました。

 思春期の頃からどんな男性にもモテていたK子でしたが、どの男性とも真剣にお付き合いをすることはありませんでした。これまで男を選ぶ側、選り好みし放題だったK子は、ひとりの人と長く付き合うことが面倒くさかったのです。結果的にK子は、同様に真剣に付き合う気のない男性とばかり関係を持ち続けるようになりました。

 セフレの数は常に3人、ワンナイトラブの経験は数え切れないほどありましたが、なかでも長く続いていたのは高校の頃から8年間くっついたり離れたりする不倫相手との関係でした。

7年間関係を持ち続けた不倫相手、湧き出る“結婚願望”

 高校のときのバイト先で出会った父親の会社の経営をしている10歳年上の男性N氏とは、17歳のころから8年間ほど不倫相手として関係を持ち続けていました。その間にN氏のほうは結婚を2度し、2度とも離婚しています。しかし、K子が離婚の原因となったわけではなく、ふたりの関係はふたりだけの独立した世界のなかで誰にもバレることなく続いていました。高級レストランやホテルに連れて行ってくれるN氏は、K子にとっては愛すべき人というよりも、楽しい思いのできる都合がいい人。N氏にとっても結婚や離婚を迫るわけでもなく、関係を続けられる美しいK子は都合のいい存在でした。

 しかし、そんな2人の関係にも変化が現れます。K子に結婚願望が現れたのです。もともとN氏と結婚したいという気持ちがなかったK子は、会社経営をしているN氏の人脈に頼るべくN氏にこんな相談をもちかけました。

「私の友達で結婚願望が強い子がいるんだけど……Nさんの周りの男性で今すぐにでも結婚したいって人、いないかな?」

「ちょうど結婚したくて相手を探している先輩がいるよ。K子とその子と、先輩と俺で4人でご飯でもしようか。来週あたりにセッティングしよう」

「ほんと? うれしい、ありがとう!」

 紹介の話はとんとん拍子に進みました。実はこれ、K子の策略。N氏のつながりなら、なんらかの会社を経営している男性を紹介してくるはず。さらに結婚願望が強いなら言うことはありません。K子ははじめからN氏に紹介された男性を狙う気でいました。そのため、事前にK子は彼氏持ちの友達に事情を話し、協力をしてもらうように頼みました。

1/2ページ

最終更新:7/4(火) 7:10
AbemaTIMES