ここから本文です

ドキッ!ヌルヌルだらけのつかみ取り体験(ツルリもあるよ)/秋田

7/4(火) 11:47配信

CNA秋田ケーブルテレビ

 緑色の葉に覆われた、水深およそ60センチメートルの沼の上を進んでいるのは…ベニヤ板で出来た手作りの小舟。

 じゅんさいの生産量が日本一の秋田県山本郡三種町(みたねちょう)では、じゅんさいが旬を迎えたこの時期、摘み取り体験を行っています。

 小舟に乗り、棒で舵を取りながらじゅんさいを摘み取るスタイルは昭和初期から変わらず続き、全国各地から訪れた方々の心を掴んでいます。

 この小舟は三種町の大工や農家のかたが自らの手で作ったもので、およそ10年も使用できる優れものです。

 自らの手で小舟を操り収穫したじゅんさいは格別です。皆さんもぜひ、秋田の綺麗な水が育んだ、つるつる、ぷりぷりなじゅんさいを摘み取りにきてけれ~!

CNA秋田ケーブルテレビ

Yahoo!ニュースからのお知らせ