ここから本文です

リシュモングループが中国高級ブランド「シャンハイ・タン」を売却

7/4(火) 14:22配信

Fashionsnap.com

 リシュモングループが、傘下ブランドの「シャンハイ・タン(SHANGHAI TANG)」を6月30日付けでイタリア人起業家のAlessandro Bastagliに売却したことを発表した。

 シャンハイ・タンは香港の実業家デヴィッド・タン(Sir David Tang)により1994年に設立。中国初のコンテンポラリーラグジュアリーブランドとして、「チャイニーズ シック」をテーマに東洋と西洋のデザインを融合したメンズ・ウィメンズウエアとアクセサリー、そしてホームコレクションを世界48の店舗で展開している。リシュモンは1998年に過半数の株式を取得し、2008年にはブランドの株式を100%所有していた。日本では2005年に上陸し、銀座5丁目に旗艦店を出店したが2009年に撤退している。

最終更新:7/4(火) 14:22
Fashionsnap.com