ここから本文です

福知山スターズが初の全国出場 40歳以上の軟式野球

7/4(火) 8:00配信

両丹日日新聞

9月に姫路などで

 40歳以上で構成する軟式野球チーム・福知山スターズ(志賀眞男監督、20人)は、1日に兵庫県姫路市の香寺球場で行われた「日本スポーツマスターズ2017」の近畿大会に京都府代表として出場し、奈良県代表・朝日クラブ(郡山支部)を破り、初めての全国大会出場を決めた。

 試合は7イニング制で、会場には、福知山市野球協会の役員ら12人ほど応援に駆け付けた。

 スターズは後攻で、初回に両チーム1点ずつを入れた。その後は先発した山尾覚投手が粘りの投球を見せ、無失点を続けた。お互いに譲らず延長戦に突入し、9回裏にスターズは一死二塁の好機を作り、8番芦田克弘選手が左前適時打を放ち2-1でサヨナラ勝ちを収めた。

 志賀監督(65)は「ベンチも一体となったチームワークの勝利」と喜び「初めて全国出場を決められてほっとした」と話す。全国大会に向けては「選手の力には自信がある。気持ちをもう一度締め直し、日本一をめざします」と意気込んだ。

 全国大会は、9月16日から兵庫県の姫路球場など5会場で開催される。近畿からは京都府のほか開催地の兵庫、和歌山、滋賀代表が出場する。

両丹日日新聞社

最終更新:7/4(火) 8:00
両丹日日新聞