ここから本文です

北朝鮮ミサイルを発射 日本のEEZに落下

7/4(火) 19:04配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

政府は、北朝鮮が4日午前、北朝鮮西部から弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域内に落下したとみられると発表した。
安倍首相は「度重なる国際社会の警告を無視するもの。今回のミサイル発射はさらに、北朝鮮の脅威が増したことを明確に示すもの」と述べた。
日本政府によると、北朝鮮は午前9時40分ごろ、朝鮮半島西岸から弾道ミサイルを発射した。
40分ほど飛び、日本の排他的経済水域内に落下したとみられるという。
現在のところ、被害は確認されていない。
日本政府関係者は、「高度は相当高かった」と語っていて、高い高度で飛ばす、「ロフテッド軌道」との見方を強めている。
安倍首相は、今週ドイツで開かれるG20サミットで、日米韓首脳会談を行い、強い結束と、国際社会の圧力を強化していくと述べた。
さらに中国、ロシアに対しても、北朝鮮問題での建設的な対応を取るよう働きかけると強調した。

最終更新:7/4(火) 19:04
ホウドウキョク