ここから本文です

ベッテル”体当たり事件”への謝罪声明を発表「ハミルトンに悪意はなかった」

7/4(火) 12:09配信

motorsport.com 日本版

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、アゼルバイジャンGPでセーフティカーラン中にメルセデスのルイス・ハミルトンに対して体当たりした行為は、過剰反応だったと告白。謝罪するコメントを発表した。

【写真】ハミルトンと追うベッテル(アゼルバイジャンGP)

 ベッテルは、先日行われたアゼルバイジャンGPの際、セーフティカーラン中に「ブレーキテストをされた」と激怒し、ハミルトンに体当たり。この件はベッテルに非があると判断され、レース中に10秒のストップ&ゴー・ペナルティが科せられた。

 その後FIAは、さらなる制裁を検討していたが、ベッテルが責任をすべて認め謝罪したこともあり、「問題を終結させるべき」とし、これ以上の制裁を行わないことを決めた。

 ベッテルはその後、公式に謝罪のコメントを発表。当初は「ハミルトンもペナルティを科せられるべき」と語っていたベッテルだが、ハミルトンは間違ったことをしていなかったと認めた。

「リスタートする周、僕はルイスに驚き、そして彼のクルマに追突してしまった」

 ベッテルは自身のウェブサイトで、そうコメントした。

「後から見れば、彼に悪意があったとは思わない」

「ヒートアップしていたので、僕は過剰反応してしまった。だから、僕はルイスに会って直接謝罪したいし、レースを見ていた全ての人に謝りたい。僕は、悪い先例を作ってしまったことを理解している」

「僕には、ルイスを危険に晒すつもりはなかった。しかし、危険な状況を作ってしまったことを理解した」

「したがって、僕はFIAに対してお詫び申し上げたい。パリで今日行われた会議での決定、そしてバクーのスチュワードが科したペナルティを受け入れ、尊重する」

「僕はこのスポーツを愛している。僕は将来の世代に対して良い先例になることで、それを示したいと思う」

 ベッテルは今年、若手レーシングドライバーを教育するイベントに、ボランティア参加することに同意した。しかしFIAは、バクーで起きたようなことが再び繰り返された場合、国際裁判所の聴問会の対象となることを警告している。

 ベッテルの現在のペナルティポイントは9となっており、今週末のオーストリアGPで3ポイント加算されることになった場合、次のイギリスGPは出場停止処分が科せられることになる。

Jonathan Noble