ここから本文です

成層圏目指し飛び立った「ケンタッキーのサンド」、無事地上に帰還する

7/4(火) 13:15配信

sorae.jp

「ケンタッキーのサンドを宇宙に届けよう」として始まった、ケンタッキーによるちょっと謎な公式プロジェクト。そのプロジェクトで利用された気球とKFCオリジナルのサンドイッチが17時間飛行し成層圏に到達した後、無事に地上へと着地しました。

プロジェクトは気球を製作するWorld View Enterprises社と共同でスタート。利用された気球「Stratollite」は10万フィート(約30km)の高度にまで上昇する能力を持ちます。そしてプロジェクトでは本来4日間飛行するはずだったのですが、気球からの機体の漏洩があり、高度7万7000フィート(約23km)に到達した後に早々に地球に帰還することになったのです。
 
なお、World View Enterprisesは気球を高高度に長期間滞在させ、通信サービスなどを提供したいとしています。また、今回のプロジェクトは長期の飛行に必要な高度制御システムや通信機能、太陽電池による発電機能をテストするという目的がありました。それぞれのテストは無事完了したものの、気球の性能としては微妙に失敗だったという、少し課題の残る結果でしたね。

最終更新:7/4(火) 13:15
sorae.jp