ここから本文です

大坂なおみ ウィンブルドン初勝利、ストレート勝ちで2回戦進出<女子テニス>

7/4(火) 1:03配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は3日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク59位で19歳の大坂なおみが同100位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)を6-3, 7-6 (7-3)のストレートで下して大会初勝利をあげ、2回戦進出を果たした。

【錦織2回戦 1ポイント速報】

この日、両者サービスキープで迎えた第5ゲーム途中で雨により一時中断。約40分後に試合が再開された。

大坂は第8ゲームでブレークに成功し、このセットを先取。続く第2セットではどちらも譲らずに接戦となるが、大坂がラリーを制して第11ゲームでブレークに成功。しかし、第12ゲームで3度のマッチポイントを握るも取りきれず、タイブレークへ突入する。

その後、再度集中力を高めた大坂がミニブレークに成功。リードを守り、勝利を手にした。

2回戦では、第22シードのB・ストリツォワ(チェコ共和国)とV・セペダ=ロイ(パラグアイ)の勝者と対戦する。

昨年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初の本戦出場を果たした大坂は、当時18歳ながら3回戦へ進出する快進撃を見せた。

その後も、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でも3回戦へ進出。ウィンブルドンは膝の故障で欠場し、今年が本戦初出場。

前哨戦のAEGON国際(イギリス/イーストボーン、芝、WTAプレミア)では、2回戦で元世界ランク1位のC・ウォズニアッキ(デンマーク)にストレートで敗れた。

tennis365.net

最終更新:7/4(火) 1:08
tennis365.net