ここから本文です

夏休み旅行予測2017、旅行意欲が上昇で海外旅行の消費額は2ケタ増、総旅行者数は微増 ーJTB調べ

7/4(火) 20:20配信

トラベルボイス

JTBは「2017年夏休み(7月15日~8月31日)の旅行動向」で、同期間に1泊以上の旅行に出かける総旅行人数が前年比0.8%増の7733万人となる見通しを発表した。国内旅行は0.7%増の7460万人、海外旅行は3.4%増の273万人との推計。昨年はマイナス遷移だった国内旅行が今年は増加に転じたほか、海外旅行は1969年の調査開始以来、過去2番目に好調な数字となる見通しだ。

【図表】方面別の海外旅行人数推計値

総旅行消費額は5.2%増の3兆2269億円、景気の緩やかな回復で支出意向が上昇傾向に

夏休みの旅行費用の見込みは、国内が2.1%増の3万4400円、海外が11.9%増の24万2000円。これによる総旅行消費額は、国内が2.8%増の2兆5663億円、海外が15.7%増の6606億円、全体では5.2%増の3兆2269億円。昨年は国内外いずれも落ち込みを見せたが、今年は増加に。特に海外旅行は2ケタ増で好調となる見通しだ。

同社が6月に実施した今後の旅行支出に関する意向調査では、「支出を増やしたい」(18.3%)が前年より3.5ポイント増加し、「支出を減らしたい」(24.3%)は2.9ポイント減少し、総じて旅行意欲は上昇傾向にある。

2017年夏季の大手企業ボーナス平均額は5年ぶりに前年を下回ったことで、家庭の節約傾向は継続しているもの、国内全体の景気が緩やかな回復基調にあり、株価も安定傾向に。さらに有効求人倍率が5月にバブル期のピーク(1990年7月)を上回るといったことなどが、心理的に旅行消費に積極的になる背景にあるとみられる。

海外旅行の動向 ―長期休暇を取りやすい日並びで欧米など遠距離が好調に

JTBの企画商品の予約状況では、海外旅行の出発のピークはで8月11日と12日。方面別では、アジアが前年比2.0%増、欧州が8.0%増となる見込み。昨年よりも長い休暇を取得できる日並びのため、欧米などの遠距離が好調となり、相対的にアジアの割合が縮小する見通し。地域別では北欧やドイツ、スペインが好調なほか、カナダやオセアニアへの人気の高まりもみられる。

国内旅行の傾向 ―LCC路線の拡充で北海道や近畿圏が人気に

予約状況によれば、国内旅行の出発日のピークは8月11日から8月15日。利用交通機関では飛行機が前年比2.8%増の17.3%となり、遠距離旅行の増加傾向がみられる。特にLCCの路線が拡充した北海道やユニバーサル・スタジオ・ジャパンのる近畿圏が人気となっている。

アンケートによれば、宿泊施設では、ホテルへの宿泊が前年比3.5%増の46.2%と約半数を占める。次いで旅館が0.4%増の26.4%、実家・知人宅が0.7%減の26.6%だった。

旅行の目的の最多は、「帰省、離れて住む家族と過ごす」(0.4%増の19.8%)。一方で、「テーマパーク・レジャー施設」(4.1%増の13.4%)、「史跡や名所を見る」(2.1%増の7.5%)が増加傾向がみられたという。

この調査は、JTBグループの販売状況と航空会社の予約状況、業界動向、経済動向、1200人のアンケートから推計したもの。アンケートは6月2日~14日、全国200地点で専属調査員による個別訪問調査として実施した。

トラベルボイス編集部

最終更新:7/4(火) 20:20
トラベルボイス