ここから本文です

小型巻き網、サバ1.2トン今季初水揚げ/八戸港

7/4(火) 11:02配信

デーリー東北新聞社

 青森県八戸港に所属する唯一の小型巻き網の「成進丸」船団が3日、近海で取ったサバ約1・2トンを今季初めて水揚げした。400グラム前後のゴマサバが中心で、八戸市第1魚市場で入札の結果、10キロ当たり730円で取引された。

 船団は6月28日に今季初めて出漁し、近海でサバ、イカを狙っていた。船主の大山清見さんは「まだ脂が乗っていないし、それなりの値段となった。水温が適温まで上がってきたら、今後の漁も良くなると期待している」と話した。

デーリー東北新聞社