ここから本文です

生後まもないわが子を薬で殺害の疑いで母逮捕

7/4(火) 20:56配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

東京・目黒区の住宅で、生後2カ月の赤ちゃんに高血圧の薬などを飲ませて殺害した疑いで、23歳の母親が警視庁に逮捕された。
無職の田畑幸香容疑者(23)は、2016年12月、目黒区の自宅で、高血圧の薬などの錠剤を哺乳瓶に入れて、生後2カ月の田畑織音ちゃんに飲ませて、殺害した疑いが持たれている。
織音ちゃんは、意識を失った状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。
織音ちゃんの死に不審な点があることから、警視庁が遺体をくわしく調べたところ、家族が使っている高血圧や糖尿病の薬の成分が検出され、死因は薬物中毒死と判明し、事件とみて捜査していた。
近所の人は「(容疑者の)母親が泣きながら、子どもが亡くなったと言って、白い菊の花を買いに来た」と話した。
調べに対して、田畑容疑者は「哺乳瓶の中に錠剤を入れてはいません」と、容疑を否認している。

最終更新:7/4(火) 20:56
ホウドウキョク