ここから本文です

24時間連続でライブをすると仲が悪くなる!?

7/4(火) 23:50配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月27日(火)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、火曜日アシスタント:田所あずさ)に、BiSHのセントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニーがゲスト出演し、自身の持つパンクな伝説について語った。

“楽器を持たないパンクバンド”という肩書きを持つ6人組女性グループのBiSH。

音楽プロデューサーとしても有名なヒャダインが注目のアーティストとして紹介したり、吉田も知人から「今BiSHがキテる」という様な話を度々聞いていたという。

その理由のひとつとして、BiSHはやっていることがとても”パンク”だという。番組が事前に調べたところ、なにやらメジャーデビューの時に24時間連続イベントを開催したらしく、そのことについて吉田が本人に直接真偽を聞いたところ「そうですね、やりました24時間」と、本当であることを認め辛そうに語った。

当日は1時間のイベントを24時間連続で開催したそうなのだが、疲労と眠気からライブが進むにつれメンバー同士の仲が悪くなり、ケンカが発生したらしく、その時の様子を本人たちは「空気がやばかった」と振り返った。

さらにもうひとつBiSHは世界最大のアイドルフェスティバルイベント『TOKYO IDOL FESTIVAL』でも伝説を残したらしく、そのことについても触れた。

吉田 :『TOKYO IDOL FESTIVAL』で9曲連続で同じ曲を披露した?

2人 :やりましたね。

吉田 :この曲?(※スタジオで流れていた『BiSH-星が瞬く夜に-』)

2人 :はい、今流れているこの曲を9回やらせていただいて。

吉田 :やらせていただいてっていうか、確かにそれもみんな「やってなかった!」っていうやつではあるんですけど、どういう気持ちで臨んで行って、お客さんもどう受け止めていたかも分からないんですけど。

チッチ:私たちも「え?同じ曲やるの?」みたいな、プロデューサー(※BiSのプロデューサーとしても知られる渡辺淳之介)がいるんですけど、その人が完全に決めていたので。

モモコ:(9曲連続は)しつこいよね流石に。

吉田 :思うよね普通に。

チッチ:確かにお客さんも「また?また?」みたいに……。

モモコ:だんだん顔が険しくなっていくんですよ(笑)

田所 :しかも『TOKYO IDOL FESTIVAL』でですもんね!

2人 :「え?」ってなりますよね。

田所 :ワンマンライブじゃないってことですもんね!

吉田 :ワンマンライブの方がより辛くない?(笑)

モモコ:あ、でもワンマンライブで13回この曲やったこともあった。

吉田 :あるんだ!?

そんな数々の伝説を残してきたBiSHに「確かに他の人たちやってないもんね!」と感心する吉田。
果たして次はどんな”パンク”な伝説を残してくれるのか、これからのBiSHに注目だ。

ニッポン放送