ここから本文です

新人ばかりで大丈夫?「小池ガールズ」に当選証書

7/4(火) 16:20配信

ホウドウキョク

2日、投開票が行われた都議会議員選挙は、都民ファーストの会が、追加公認を含め55議席を獲得して圧勝した。

当選証書を受け取る議員たち

墨田区で当選を果たした都民ファーストの会の成清 梨沙子氏は、早くも都政の課題に取り組む意欲を表明。「会計士なので数字を見たい。東京都単体の決算や特別会計など、どんな数字の規模で、どういう構成かを見ていきたい」と話した。

また、渋谷区で当選を果たした龍円愛梨氏は、当選証書を受け取り、「すごく重みを感じている。これからスタートラインに立ったんだと、決意を新たにしている」と、当選の喜びを語った。

一人一人専門性を持った方々

都民ファースト公認で当選した新人39人のうち25人は、議員経験がゼロ。多様な人材が入るというメリットも大きいが、議員としての仕事に向けて、これだけの規模に心配はないのか。

「みんなのニュース」に3日、生出演した小池都知事は、「議席数を確保することは、大変重要なこと。今回の新人は、ニューヨーク州の弁護士資格を持った方、数字が読める公認会計士、税理士、宅建などの資格保持者の方々。一人一人専門性を持った方と議会経験者を合わせると16人ほどいる。上手くバランスを取りながら、都民の利益に合わせて議会活動をしてほしい」と話した。

新たな当選者の任期は、7月23日からになる。

最終更新:7/4(火) 16:20
ホウドウキョク