ここから本文です

【MLB】マーリンズ大敗 大差で登板の田澤は11球で“4者凡退”、イチロー代打で四球

7/4(火) 11:34配信

Full-Count

イチローはストレートの四球、マーリンズは先発投手の大乱調で完敗

 マーリンズのイチロー外野手は3日(日本時間4日)、敵地でのカージナルス戦で代打で出場。ストレートの四球を選んだ。田澤純一は0-11と大量リードを許した3回途中から2番手で登板し、1回1/3を無安打無失点。打者4人を11球で片付ける好投だった。マーリンズは6-14で敗れた。

【動画】最年長イチローが美技で魅せる! 左邪飛スライディング好捕→間一髪の激突回避

 マーリンズは先発ロックが3回途中まで11失点の大乱調。田澤は3回2死二、三塁の場面で登板すると、グリチャックを中直に仕留めた。4回も続投し、ボイトを三ゴロ、デヨングを三ゴロ、投手のウェインライトを遊ゴロ。3者凡退に仕留めて、ここで降板となった。

 マーリンズはその直後の攻撃で6点を返す猛攻。しかし、その後は得点を奪えず、イチローは7回2死一塁の場面で代打で登場。相手左腕ライオンズはストライクが入らず、ストレートの四球となった。後続が倒れ、得点には繋がらなかった。

 マーリンズは敗れ、連勝はならず。イチローはメジャー通算3051安打で、歴代24位のロッド・カルー(3053本)まで残り「2」のまま。田澤は11球を投げてストライクは8球。防御率6.33となった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/4(火) 11:34
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ