ここから本文です

日比野菜緒、敗戦も前を向く「今年の目標は四大大会初勝利」<女子テニス>

7/4(火) 6:29配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は3日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク92位の日比野菜緒は第17シードのM・キーズ(アメリカ)に4-6, 2-6のストレートで敗れ、四大大会初勝利とはならなかった。

【錦織vsスタコフスキ 1ポイント速報】

敗戦後、日比野は会見で「(キーズは)サーブがいい選手ですが、ラリーに持ち込めばチャンスがあるとわかっていた」と試合前に頭に入れて初戦に臨んでいたことを明かした。

第1セットは第2ゲームでブレークに成功する好スタートを切ったが、第3ゲームでブレークバックを許すと第9・10ゲームを連取されてこのセットを落とした。

「リターンは理想通りのプレーが出来ていたけど、自分のサーブの時に気負いすぎてしまった。サーブから崩れてしまった。4-4から力みが出て、ファーストサーブが入らなくなった」と振り返った日比野は、第2セットの第1ゲームでブレークされると流れはキーズに傾き、1時間7分で敗れた。

ウィンブルドンで2度目、四大大会では7度目の挑戦となった今大会だったが、悲願の初勝利とはならなかった。

最後に日比野は「今年の目標は、グランドスラムで初勝利をあげること」と前を向いた。

同日の1回戦では大坂なおみが2回戦進出、奈良くるみは初戦で敗退。男子では第9シードの錦織圭が6年連続の初戦突破を果たした。

一方、勝利したキーズは、2回戦で世界ランク86位のC・ジョルジ(イタリア)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:7/4(火) 6:32
tennis365.net