ここから本文です

[移籍]36歳テリーの新たな冒険 移籍先に2部のヴィラを選んだ理由とは?

7/4(火) 16:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

アストン・ヴィラと1年契約を結ぶ

イングランド・チャンピオンシップ(2部相当)で戦うアストン・ヴィラは3日、クラブ公式サイトにてジョン・テリーと1年の契約を交わしたことを発表した。

`16-`17シーズン限りでチェルシーの退団を発表していたテリーは、フリーでの移籍となり、背番号は愛着のある“26”に決まった。また英『sky SPORTS』はヴィラがプレミアリーグに昇格した場合、テリーは400万ポンド(約6億円)を受け取ると報じている。2部への移籍を決断した理由に関してテリーは「チェルシーと戦うことは精神的に難しいよ。乗り越えなければならないものが多すぎる」とコメントした。

また、ヴィラはテリーにとって憧れのクラブでもあったようで、同選手はクラブ公式サイトにて移籍の喜びを語っている。

「僕が長い間賞賛してきたクラブだ。練習場には素晴らしい施設が揃っているし、ヴィラ・パークは国内でも最も立派なスタジアムの1つだよ。経験豊富で成功者のスティーブ・ブルース監督の下には、良い選手が揃っている。今は開幕が待ちきれないよ。チームの成功の手助けをしたいね」

22年間所属したチェルシーを去った36歳テリーの新たな冒険が、これから始まる。チェルシーでUEFAチャンピオンズリーグやプレミアリーグを制してきた同選手は、これまでの経験をヴィラに伝えていくはずだ。1年でプレミアリーグに復帰できなかったヴィラだが、来シーズンこそはテリーとともにプレミアリーグに返り咲きたい。

https://www.theworldmagazine.jp