ここから本文です

その名は“ティモシー” ジョージ・ウェアの息子がPSGとプロ契約

7/4(火) 17:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

父親超えのスタートラインへ

パリ・サンジェルマンは3日、ティモシー・ウェアとプロ契約を結んだことを発表した。契約期間は2020年までの3年間となっている。

パリのユースチームに所属している17歳のティモシーは、これが初のプロ契約となりトップチームの仲間入りを果たした。ティモシーは、かつてバロンドールを獲得したことのあるジョージ・ウェア氏の息子である。またリベリアの怪人と呼ばれた父親とは違い、同選手はアメリカのニューヨークで生まれたため、世代別代表ではアメリカ代表を選択している。ティモシーはクラブ公式サイトにて、これからの意気込みを語った。

「プロ契約にサインをして、パリ・サンジェルマンでの冒険を続けることはとても誇らしいことだよ。この偉大なクラブのトップチームでいつかプレイをするという目標に向けて、前進し続けるだけだ」

ジョージ氏もかつてパリでのプレイ経験があり、息子は父親超えへの一歩を踏んだ。まずはトップチームデビューを飾り、プロフットボール選手としてのスタートラインに立ちたい。ティモシーの真の冒険はこれからだ。

https://www.theworldmagazine.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ