ここから本文です

「日本にメッシがいた」 浦和MF関根の“6人抜き”ゴールを海外メディアが動画付きで紹介

7/4(火) 18:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

海を越え、絶賛届く

ネットが揺れるまで、彼の行く手を阻む者はいなかった。1日、浦和レッズの関根貴大がサンフレッチェ広島戦で衝撃的な“6人抜きゴール”を決めると、海外から驚きと称賛の声が届いている。

【動画】海外メディアをも唸らせた関根の衝撃6人抜きゴールシーン

ディエゴ・マラドーナのように走り、ロナウドの如く突き刺した。3連敗と不振に喘ぐ浦和はJリーグ第17節でサンフレッチェ広島と対戦。この日も2点を先取しながら3失点を喫するなど、流れは最悪だったが、3-3で迎えた後半ロスタイムに奇跡は起きた。22歳の新鋭関根が左サイドからドリブルをスタートさせると、あれよあれよと相手選手を置き去りにし、最後はGKを射抜く鋭いシュートで美しすぎる決勝ゴール。チームの連敗を阻止し、スタジアムを熱狂のるつぼへと変貌させた。

日本人アタッカーによるこの超絶ゴールは海を越え、トルコのサッカー専門サイト『TURKS VOETVAL.net』も「日本にメッシがいた」と題し、動画付きで関根の美弾を紹介。「日本人プレイヤーがロスタイムにメッシのような世界基準のスーパーゴールを決めた」と綴っている。どうやら多くのDFを翻弄した同選手のスーパーゴールに酔いしれていたのは日本人だけではなかったようだ。

浦和はこの“メッシ級”劇的弾により8年ぶりの4連敗をなんとか免れ、勝ち点を26に積み上げた。次節は等々力で難敵川崎フロンターレとの対戦が控えており、ようやく掴んだ素晴らしい流れを継続させたいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1