ここから本文です

県代表まず12頭 小林で最終選考始まる

7/4(火) 11:05配信

宮崎日日新聞

 県勢が史上初の3連覇を目指す、全国和牛能力共進会宮城大会(全共、9月、仙台市)の出場を懸けた県代表牛決定検査(最終選考)は3日、小林市の小林地域家畜市場で始まった。県内7地域から74頭が出場。JA職員や農家ら1500人以上が見守る中、全国和牛登録協会県支部の職員ら12人が、立ち姿や肉付きなどを審査し、12頭を代表に選んだ。7日にも同市場で最終選考があり、県代表の“精鋭”28頭が出そろう。

宮崎日日新聞

最終更新:7/4(火) 11:05
宮崎日日新聞