ここから本文です

上半期新車販売 3年ぶりプラス

7/4(火) 10:24配信

ホウドウキョク

日本自動車販売協会連合会と、全国軽自動車協会連合会が発表した、2017年上半期の国内新車販売台数は、278万2,542台と、前の年の同じ時期に比べ、9.2%増えた。
トヨタ自動車のSUV(多目的スポーツ車)「C-HR」や、日産自動車の小型車「ノート」などが好調で、前年を上回るのは、3年ぶり。
このうち、軽自動車は97万4,292台と、7.6%増えた。
燃費データ不正問題を受けて、三菱自動車と日産が、一部車種の販売を停止した反動で、3年ぶりのプラス。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/4(火) 10:24
ホウドウキョク