ここから本文です

U19代表の司令塔を務める重冨周希「チーム全員が気持ち良くシュートを打てるように」

7/4(火) 14:31配信

バスケットボールキング

 7月1日にエジプトのカイロでFIBA U19バスケットボールワールドカップ2017が開幕。予選グループCに所属する男子U19日本代表チームは、同日に対戦したスペイン代表に67-78で敗れ、2日に対戦したマリ代表に76-73で勝利した。

 3日に行われたチーム練習後、重冨周希(専修大学1年)は「海外が初めてで、このような大きな大会も初めての経験」とコメントし、「最初はどんな感じだろうと思っていましたが、1試合戦ったら緊張はなくなりました」とここまでを振り返った。また、「体のぶつかり合いやスピードにも少しは慣れてきて、いい経験ができていると思います」と手応えを口にし、マリ戦の勝利については「センターの(シェーファー)アヴィ(幸樹)や(八村)塁ががんばってくれてた」とチームメートを称えた。

 先発ポイントガードを務める重冨は、スペイン戦で8得点6アシスト、マリ戦で4得点4アシストを挙げた一方で、自身の課題は「リーダーシップと声」と回答。「自分が指示を出さないと足が止まっている時があるので、改善したいです」と述べ、「自分がすごいプレーをするよりも、チーム全員が気持ち良くシュートを打てたり、ドライブできるようにしたいです」と司令塔としての意気込みを語った。

 なお、日本は4日にカナダ代表と対戦する。

BASKETBALL KING