ここから本文です

涙雨も…西武・森慎二コーチと最後の別れ、辻監督「一緒に戦おう」

7/4(火) 15:18配信

ベースボールキング

 天も故人のために涙を流してくれたのか、出棺直前には突然の雨。参列者を濡らす涙雨となった。


 6月28日に多臓器不全のため42歳で急逝した西武・森慎二一軍投手コーチの告別式が4日、東京都西東京市の総持寺大日堂斎場で営まれた。

 告別式には辻発彦監督ら首脳陣、一軍選手、球団関係者や、球団OBなど約300人が参列し、故人との別れを惜しんだ。

 辻監督は「久々に慎二の顔を見ましたが、本当に穏やかで。残念ではありますが、選手たちの心の中に、ずっと一緒に戦ってくれると思う」と涙をこらえながら話した。

 「穏やかで優しい人だった」。指揮官は振り返る。「時代は違うけれど、同じ西武で戦った仲間。西武のことはずっと気にしていて、彼の活躍も見ていた。迫力を感じました。茶髪にロン毛でやんちゃな人かと思っていたが、秋季キャンプで初めて一緒にやって、彼の穏やかさ、紳士的で優しい人というのを感じた」と天を見上げた。

 さらに続ける。「彼は若かったので、兄貴分として(選手たちの)相談に乗ってくれていた」。まだまだ森コーチとの思い出は尽きない。「いつも試合に勝つと、ブルペンにいる慎二と一番最後に握手をするんですよね。それも土曜日(6月24日)のヤフオクでの勝利が最後になってしまったわけですが、これからもずっと、勝利する度に思い出すと思う。心の中で握手して、良い報告ができれば…」と目を潤ませた。

 棺には前日3日に行われた日本ハム戦のウイニングボールが納められ、その試合で中村が放ったホームランボールは遺族に手渡された。

 「全員が慎二とともに優勝目指して頑張ります」。指揮官は唇を噛みしめ、力強く宣言した。

 最後に指揮官は戦友にこう語りかけたという。

――我々は前を向いて戦っていく。一緒に戦おう――

 4カ月後、森慎二とともに喜びの涙が流せるように。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/19(木) 7:15