ここから本文です

中日、若手躍動で連敗止める! 鈴木援護の京田「寮の部屋が隣なので」

7/4(火) 22:07配信

ベースボールキング

○ 中日 7 - 2 ヤクルト ●
<11回戦 ナゴヤドーム>

 中日が若手の活躍もあり、連敗を「3」でストップ。先発の鈴木は9回途中2失点の好投で5勝目(3敗)。打ってはリードオフマンの京田が、3安打2打点1盗塁の活躍で本拠地での快勝劇を呼び込んだ。

 京田は初回、二塁への内野安打で出塁すると、盗塁と3番大島の右前打で三塁へ進んだあと、4番ゲレーロの二飛で、判断よくタッチアップ生還を果たした。

 2回は7番福田の適時二塁打で2-0としたあと、なおも二死三塁の好機で右前への適時打をマーク。京田は5回にも中前適時打を放ち、この試合4打数3安打2打点と大当たり。自慢の足でもヤクルト守備陣をかき回し、本拠地ファンを沸かせた。

 鈴木は初回に2安打を許したが、ヤクルト打線の拙攻にも助けられ無失点スタート。その後は要所を締める投球で、快調にゼロを並べた。初完封初完投をかけ9回も登板したが、一死一塁から、4番バレンティンに2ラン被弾。さらに内野安打と四球を許したところで降板となったが、それでも8回1/3を5安打3奪三振6四球2失点の内容で、本拠地初勝利をマークした。

 京田とともにお立ち台に上がった鈴木は、「最後まで投げ切れればよかったが、体力がなかった。またしっかり走って、次の登板に備えたいと思います」とコメント。鈴木が投げる試合で高打率を残す京田は、「寮の部屋が隣なので、よく遊んだりしている。これも何かの縁かなと思います」と笑顔で答えた。

 中日は前カードで広島に3連敗を喫したが、投打とも若手の活躍が光り連敗脱出。理想的な試合運びで、本拠地6連戦のスタートを切った。

BASEBALL KING